恒温 変態 曲線

Feby 8, 2020
恒温 変態 曲線

恒温 変態 曲線

恒温変態曲線(こうおんへんたいきょくせん)[k46] 鋼を焼入れ中に品物を一定温度に保持して時間が経過すると、その温度によってパーライトやその他の組織に変態します。

等温変態ともいう。炭素鋼を a 3 曲線~ a 1 点 (721℃) 以上の温度から一定の温度まで急冷し,ある時間保持すると,一定の時間を経て変態 (結晶格子の変化) が起りはじめ,さらに一定時間後終了する。 これを恒温変態といい,変態後の組織は保持する温度によって異なる。

S曲線、恒温変態曲線 (isothermal-transformation-diagram) などの呼び方がある。 線の意味. TTT図は以下の線からなっている。 a) オーステナイトの変態線(727℃にある水平な線) b) パーライト変態開始を示す線(左側の曲線の550℃あたりより高い温度の部分) c)

恒温変態曲線,等温変態曲線またはS曲線ともいう。 TTTは temperature (温度) ,time (時間) および transformation (変態) の頭文字。 TTT曲線は過冷され過飽和になった材料組織を,ある温度に保持したときの経時変化 (特にその組織変化の開始と終結の時間) を温度-時間図に記入したもので,特に鉄鋼 ...

恒温変態: 時間依存型の相変態 恒温変態曲線(Time-Temperature-Transformation (TTT) Curve) 共析鋼 ベイナイト: 微細セメンタイト(or Fe 2.4C) と高ひずみフェライト の混合組織 (形態) 上部ベイナイト;羽毛状 下部ベイナイト:針状

CCT は Continuous Cooling Transformation diagram すなわち連続冷却変態曲線の頭文字をと ったものです。TTT は Time Temperature Transformation diagram の頭文字をとったもので恒温 変態曲線を表しています。恒温変態曲線は形がSの形に似ているのでS曲線と呼ばれることもあ

鋼のパーライト変態は,代表的な共析変態である. 析出および共析変態においては、母相とは異なる組成の新相が生成する。し たがって、これらの相変態には一般に長距離の原子拡散(long range diffusion) が必要である。

¾変態 ¾ある固体物質と化学組成は等しいが、物理的性質の異なるものをそ の物質の変態という。結晶学では多形ともいう。 ¾結晶構造に変化のない場合で、物理的性質の変化する場合にも変 態という(例;磁気変態)。 材料科学 4 鉄の相変態 ¾純鉄の ...

5 6.1.4 マルテンサイト変態 図6.9 純鉄のttt線図とマルテンサイト変態 純鉄は912 ℃以上の高温でfcc(オーステナイト,γ相),それより低温側で bcc(フェライト,α相)となる.しかしながら,これは平衡状態の場合であり, 高冷却速度となると異なる変態が生ずる.

恒温 変態 曲線